令和鹿芝居稽古〜時蔵師匠独演会

開演まで日も迫って参りました
令和鹿芝居「怪談 牡丹燈籠」

今日は全員集まっての稽古でした。
作者である落語中興の祖、
三遊亭圓朝師匠のお墓へもご挨拶に。
谷中の全生庵にいらっしゃっいます。
一人で行ったのですが
時間も時間だったので怖かったです。


私の役は、
白翁堂幽斎(はくおうどうゆうさい)
という易者、人相見です。

台本は林家はな平兄さんなので、
この役、原作よりもずいぶんと際立ったキャラクターになっております。

観てのお楽しみですが、
怪談の中にあって笑いどころも多いので
是非ともご来場の上、お楽しみください!

夜は時蔵師匠の会。
一週間前の東洋大学公演のほぼ同じメンバーです 笑

先日ちょっとしたことで
あばらが折れたのですが
お陰で新しいまくらが出来ました。
痛いと思ったら芸であります!

明日からはいばらくで茨城ツアー!
体調を整えて、
笑いを届けるべく
張り切って行ってきます!

柳亭市寿

落語協会 二ツ目