toyo寄席

東洋大卒の若手落語家が揃っての落語会、
toyo寄席。
何かコンセプトが見つかれば集まるのが
落語家のフットワークの軽さというか
浅はかさというか、、!

しかしながら、
なんでもやってみろが若者の特権であります。
私は36歳の若手ですが、、、笑

ネタを予め出すのが、「ネタ出し」。

お客様に合わせて噺を選ぶ落語家の特性上、
ネタ出しはなかなか融通がきかないので
嫌がる落語家も多いです。

しかし今回は私自身久しぶりの高座ということもあり、
予め決まっているネタに集中出来たかもしれません。
尺、つまり持ち時間も、前日から「25分」と分かっていたので
色々と準備するのには都合が良く、
本来なら咄嗟に対応するのが落語家の仕事なのでしょうが、
リハビリ爺さんにはピッタリの会でした!

お客様も緊急事態宣言下で心配していたのですが、
沢山ご来場頂き感謝に尽きません。
こういう時に
お客様の有り難さを再認識。

差し入れなどカタチにしていただく応援も勿論、
足を運んでくれて
いつも見てるからな!と
いう視線を送ってくださる応援も
励みになります。


toyo寄席また開催するつもりと、
旗振りのあんこ姉さんも言ってくださっているので
きっとまた次回!