吉原逃(ぬ)け

本日は、
桂やまと師匠の独演会のお手伝いへ。

画家の岡田嘉夫先生の描く
新作落語「吉原逃(ぬ)け-お直し-」の
初演でありました。

本日は照明・音響係。
私、元・舞台照明の仕事をやっていたので
モニター室から舞台を見るのは
慣れております。

前座の時とは違い、落語に集中できるので
(前座時分は楽屋仕事優先のため)
落語ってこんなに面白いんだ〜
と改めて思います。

誰かが言っていた、

落語のくすぐり(ギャグ)は本来全てウケるはず
そのように出来てる。
ウケないのは演じ方がなっていないから。

もちろんウケるのが全てではないのだけど
今日のやまと師匠の丁寧な噺の運びを観て
また一つ勉強になりました。

明日は三三師匠の会のお手伝い。
自分の勉強会の前に
師匠方の会を続けて目の当たりに出来るのは
有難い状況。

自分の会の構想を膨らませつつ
また勉強してきます!

また勉強会の会のリツイートをしてくださる
皆さま、
ご予約頂いている皆さま、
本当に有難うございます。
応援してくれる方があって、
今の、そしてこれからの自分が在ります!

勉強会まであと2日、
なんとかカタチにして!
挑戦して!
がんばります!








柳亭市寿

落語協会 二ツ目