二ツ目初の黒門亭

二ツ目になって初の
黒門亭の出番でございました。
黒門亭とは落語協会(湯島)の事務所の二階に
週末開かれる寄席です。


京見物で勉強させて頂きました。
この暑い中、
表で待ってくださるお客様には
いつも頭が下がります。

木戸銭が安いわりに
名だたる師匠を観ることが出来るので
常連さんのほか、
初めて落語を観るという方もいたり。
会場は大きくありませんが
おすすめの寄席です。

私、高座で眼鏡を外すとお客様が見えませんで後から気づいたのですが、
向島の会や北千住の勉強会に来てくださった
お客様方、有難うございました!

一部主任の志ん丸師匠にご飯に連れて行って頂きました!
寄席を離れると師匠方とご一緒出来る機会も少なくなるのでより一層有難い思い。

また、二部出演の志ん橋師匠が
「同期みたいなもんだから」と、
三壽の書籍を買ってくださいました。

寄席に居られる幸せ。
芸人として生きられる幸せ。
外は暑うございますが
表に出てしか感じることが出来ない思いが
あるものです。

TSUTAYAで幕末太陽傳を借りて帰宅也。

柳家寿伴

落語協会 二ツ目