楽屋の長襦袢

着物の中に着る
長襦袢(ながじゅばん)・肌襦袢は
汗になると楽屋で干します。
前座が管理しやすいように手製の札がつくのですが、

JB......笑

前座の小ごとがつけてくれました。
初日に文菊師匠がこれを見ていぶかしい眼つきで
「誰これ、あ、寿伴さん。へぇ〜これ自分で付けたの〜?」
と、たっぷりの間で前座に尋ねていたそうです 笑

札を外さない私も私でJBの普及を願いつつ、
今日はJBのマクラを交えた
「寿限無」で勉強させて頂きました。

次は四日目に出演致します!