10月のセントラルパークブルース

流山セントラルパークの
特別養護老人ホーム「月の船」さんへ。
つくばエクスプレスという乗り物の発達で新たに流山という街は拓けて、
他にも、流山おおたかの森駅という駅もあります。

館内の装飾の至る所に柳家寿伴の名が!
この日のためにあしらわれた飾り付けに頭が下がります。
自分主催の会を経ると、
落語会をやって下さる側の苦労も見えきます。感謝感謝。

久しぶりに「狸札」、
そして「鹿政談」。
最後までみっちり集中して頂き有難うございます!

流山から池袋演芸場の出番へ。

と、その前に北千住駅ホームの立ち食い蕎麦屋で、たぬきそばを。

先日収録のまめ平兄さんのネットラジオでもこの立ち食い蕎麦の話で盛り上がりました。
下記は、今週木曜日(10日)まで毎日深夜0時〜1時まで放送中です。
※因みに今回あんこ姉さんはお休みです。

本日の池袋演芸場の客席からはマニアックなお客様の雰囲気を感じて「京見物」をかけました。

出番終わりロビーにいると、お客様からネタについてのご質問を頂きました。
京都まで行く旅の途中の噺なのですが、
「小田原の宿は五日目でなくて、二、三日目では??」
傍に馬桜師匠もいて、ひと盛り上がり。
こういうのがまた寄席の魅力ですね。

池袋での出番も明日の九日目を残すばかり。心置きなく演らせて頂こうと思います!