【同期会~HR~お客様レビューを添えて】

初めての同期会、無事終了いたしました。

総括は、私の拙い文章よりも、お客様の中に文章のプロの方がいらっしゃり、

レビューを頂けましたのでそちらを転載させていただきます。


--------------------------------------------------------

 「仲が悪い」と言われている四人の同期会、果たしてその顛末はといえば、実に熱のこもった落語会だった。 

開口一番、橘家門朗が「時そば」で場を和ませる。 

同期一人目の春風亭㐂いちが、「やかんなめ」。やかんをなめると癪の発作が治まる妙齢の女性。旅先で発作を起こし、通りすがりの侍のハゲ頭をなめて一騒動。落語ならではの珍妙な噺を勢いよくやって盛り上げる。

続いて、春風亭一猿が「鮑のし」。大家の息子のお祝いに甚兵衛が持っていった鮑で大波乱。一猿が軽くやってお仲入り。

後半は桃月庵白浪が、「寝床」。白浪の惚けた感じが笑いを誘う。師匠白酒ゆずりの爆笑落語だ。 

トリは、入門順で、柳家寿伴。登場人物が皆、善人で聴いていて心地よい「妾馬」を寿伴が明るくやって大団円。 

落語家は二つ目が一番面白い。すでに2限目、3限目の日程も決まっている。 花も実もある同期会を見届けたくなった。 


岡町 (ツイッターアカウント@monthlytakamits) 様より

--------------------------------------------------------


会を俯瞰して、温かさを加味して、書いてくださいました。

有難うございます。

当事者の一人としては、普段聴くことができない同期の落語を耳にして

新鮮な刺激をもらえました。

自分の勉強会も緊張しますが、同期会もかなり緊張しました。

このピリピリ感が、未来への糧となるのかもしれません。


記念すべき第一回。

大勢さまご来場で誠に有難うございました!!